ふるさと旅行券・ふるさと割を使えば国内旅行が安くできる!?

L3463760003418256

「ふるさと割・ふるさと旅行券」とは、平成27年度予算で国が取り組む地方創生事業で、「地域住民生活等緊急支援のための交付金事業」のひとつです。

旅行・通販サイト等で、消費者が本来の価格から割り引かれた価格で、自治体が指定した、ふるさと名物商品を購入したり地元を旅行する際に利用できる「ふるさと旅行券」を販売し、その販売実績に応じて国が割引分を事業者等に助成する事業なのだそうです。

つまり、簡単に言うと「自治体が国の予算で旅行費用を割り引いてくれる」旅行者にはうれしい制度なんです。

既に、鳥取県、岐阜県、徳島県、石川県、大分県、宮崎県、長野県などが「ふるさと旅行券・ふるさと割」を開始していて、今後も続々と各都道府県が実施する予定だそうです。

内容は、宿泊券もあれば、飛行機付き宿泊券セットや現地体験付き宿泊券セットなど、自治体によって特色があり割引率も違います。

主な購入方法は、インターネットの大手旅行サイト(楽天トラベル、じゃらん、るるぶトラベルなど)で、購入することができます。

注意してほしい事は、自治体ごとに販売額や利用期間の設定が違うこと。

また、どの自治体も発行枚数の制限があり先着順で販売されるため、すぐに完売してしまうことです。

ですから、行き先が決まったらその地域が発行している券(クーポン)を早めに購入しておいたほうがいいと思います。

この「ふるさと割・ふるさと旅行券」を利用して、地域の活性化に貢献しながらお得な旅を楽しみませんか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です