秋田→敦賀間はフェリーでの移動がおすすめ

20071111084421

私は国内旅行専門で、外国にはあまり興味がない(金もない)ので、国内旅行する際に少しはお役にたちそうなことをご紹介します。

お金をかければ思い出に残る旅行ができるのは当たり前ですが、そんなことができる人間はごく少数で、豪華ディナークルーズよりも、バックパックで旅行する方が楽しい!という人に読んでもらいたいです。

話はガラッと変わりますが、私は中日ドラゴンズの大ファンで、試合を名古屋まで見に行く時は必ずフェリーを使います。

ルートは青森~秋田市(自家用車)新日本海フェリー~敦賀~JR→(鈍行)→名古屋です。新幹線に比べて《約25000円》フェリー2等室《約9000円》とかなり安くなります。

JRも鈍行なので2500円程で、浮いたお金で観光してました。

時間はかなりかかるのですが(秋田→敦賀間23時間)フェリー内も飽きさせない工夫が色々で、大浴場あり、映画が見られるシアターあり、甲板に出たら雄大な海が見れるの、全く飽きませんでした。

車をのせてしまうとかえって高くつくので徒歩がオススメです。(フェリー会社によってはクレジットカードが必要なところもあります。)

後宿泊をネットカフェで済ませてしまえば私流格安旅行の完成です。泊まるところ位ゆっくりしたい人はユースホステルとか、ゲストハウスが格安ですね。

私は集団生活ができない人なので無理ですが、地方に比べて都会はホテルの宿泊料金が高過ぎるのでカプセルホテルに泊まれる男性がうらやましい!と旅行の度に思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です