インドで詐欺に遭わないための対処法とは?

IMG_3327-e1352696620989

バックパッカーの聖地とも言われるインド。汚くて怪しいイメージの漂うインドですが、最大の魅力は現地で暮らしている人々との交流でしょう。

片言の日本語で話しかけてくるインド人達の多くが詐欺師です。彼らは言葉巧みに自分の店に連れていき、法外な値段で品物を買わせようとしてきます。

詐欺をするために日本語を勉強しているくらいなので手口も巧妙で分かりづらいことが多いです。

現地でインド人に出会ったらまずは疑うことから始めてください。

「チケットオフィスは今日は閉まってるから買えない」、「自分で観光地を回るよりツアーを組んだ方がホテル代も込みだし安上がりだ」、「今日はデモが起きていてバスが休みだからタクシーに乗っていけ」。

全て嘘です。実際私が彼らに言われた台詞ですが、自分の店に招くためなら平気で嘘をつくのです。

もし嘘かどうか疑わしいことを確かめようと思ったら近くにいる人に確かめて見ましょう。それも女性に聞くことをお薦めします。

商売っ気が強いインド人男性に比べ女性は親切に教えてくれることが殆どです。

最後に、そんなインドを楽しむ術として、これがインドなんだと開き直って相手の嘘や騙しの手口を楽しむことが重要です。

冷静に考えれば嘘丸出しなことも多いし、逆に彼らの泳いだ目や焦った様子を見て楽しむことが、インドを好きになるきっかけの1つになるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です