国際キャッシュカードの使い方やおすすめをまとめてみました。

国際キャッシュカードとは?

credit-card-cash-advances1

国際キャッシュカードとは日本の銀行に預けているお金を現地のお金としてATMから引き下ろす事のできるカードです。

クレジットカードと比較すると手数料が高めなのであまりおすすめはしないのですが、1枚は持っていた方が良いかもしれません。

国際キャッシュカードのメリット、デメリットは何?

 

《メリット》
①限度額がないので自分が銀行に預けている金額分使える
②クレジットカードを作れない人でも持つ事が出来る
③現地のお金を引き出せるので現金を持ち運ぶ必要がない

《デメリット》
①手数料がクレジットカードに比べて高めである
②クレジットカードのように買い物の時には使えない

国際キャッシュカードが使える場所

amt100

国際キャッシュカードはATMを使ってお金を引き出す事ができるのですが、どのATMでも利用できるわけではありません。

国際キャッシュカードが使えるATMは上記の画像にあるPLUSCIRRUSの表記があるATMです。

ただほとんどのATMにはこのような表示があり、利用する事が可能です。

おすすめの国際キャッシュカード

 

①新生銀行の国際キャッシュカード

shinsei-logo世界一周者の多くが利用している新生銀行の国際キャッシュカードのメリットはやはりカード発行手数料。無料と出金手数料、年会費が無料なこと。

国際キャッシュカードを1枚持つならこの1枚で十分だと思う。

使用時の注意点

Fees-of-Mobile-Ads-Which-Would-You-Rather-Be-Slapped-with-at-an-ATM

基本的に日本でATMを引き下ろすときと注意する事は同じなのですが、海外の場合にはいつも以上に注意を払って使用しましょう。

①まず周りに不審な人がいないか確認しましょう。
②使用するATMは人通りの少ないところにあるものを避けること。
※お金を引き出したところを狙っている人もいます。銀行で使用するのが好ましいですね。
③暗証番号を入力するときは手で覆うくせをつけましょう。

また海外で起きるトラブルの1つにATMにカードが吸い込まれてしまうということがあります。

私自身も経験があるのですが、その際に土日だった場合銀行が閉まっているため月曜日まで待つ必要があります。

ATMにカードが吸い込まれたまま月曜まで待っているのはすごく不安です。なのでなるべく土日にATMを使用する事を避けましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です