空港である意外な方法を使えば飲み物代を節約することができる!?

bg

空港で飲み物代を浮かせる簡単な方法

旅行で飛行機を使う場合の、航空機登場前の手荷物検査で液体の持ち込みに制限がかかるのは皆さんご存知かと思います。

100ml以下のものをビニール袋に入れて、と言うあれです。勿論飲み物、ペットボトルなどは持ち込めません。

結果、ゲート前で高い飲み物を買うことになってしまいますよね。貧乏旅行者には、これが結構悲しかったりします。

しかし、ちょっとした工夫でここで節約が出来るのをご存知でしょうか?

方法は非常に簡単です。

手荷物検査前に、持っているペットボトルの飲み物を飲みきってしまいます。

そしてそのペットボトルをそのまま持っていくだけです。

なぜなら空のペットボトルは手荷物検査に引っかからないからです。

僕の場合「これ空です」と一応検査官に申告しましたら「はい、大丈夫です」と答えが返って来ました。

そしてゲート前までの移動の間に、成田空港の場合なら少なくとも3箇所は給水所(水飲み場)があります。

ここでペットボトルに水を入れなおします、中々冷たくて美味しい水です。

これで飛行機搭乗前までの水分は充分に補給出来ます。ゲート前の売店やカフェは本当に値段が高いですからね。

とってもせこい節約法のようですが、これを知っているだけでも少しのお金を節約できていろんな旅行代に使う事ができます。

このちょっとした節約で、帰国してから「助かった」という事があるかもしれません。よろしければ、ご参考までに。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です