WWOOFを使って農家で働けばお金を1円も使わないで旅して世界中をまわれる!?

wwoof

WWOOFってなに?

WWOOFとはWorld Wide Oppotunites on Organic Farmsの略で「有機農場で働きたい人」意味します。

現地の農家で労働力を提供する代わりに食と住む場所が提供されます。

給料は発生しないため、労働ビザがなくても利用できる事が特徴です。うまく利用すれば、ほとんどお金を使う事無く海外に滞在することができるんです。

どうすればWWOOFが使えるの?

WWOOFを利用するには事前に登録しておく必要があります。

例えばアメリカでWWOOFを利用するつもりであれば、検索画面から「WWOOF-USA」と検索してみましょう。イギリスであれば「WWOOF-UK」といった感じで。

日本で逆にホスト(受け入れる側)になる事も出来ます。「WWOOF-JAPAN」で検索してみましょう。申請書を提出することで登録が出来ます。日本での値段だとウーファー(働く側)の登録の値段が1年間で5,500円。

ホスト(受け入れる側)の1年間の登録料が8,500円です。各国によって値段が違うようなので希望される国のWWOOFを検索して確認しておきましょう。

どんな仕事がある?

wf

仕事内容は農作物の収穫や、種植え、草取りや家畜のお世話などホストによってさまざまなものがあります。

有機農場で働くということで基本的には農家の作業を中心としているのですが、中には家庭の家事のお手伝いなどの内容もあるそうです。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です