【死ぬまでに一度は参加してみたい】世界のクレイジーなお祭り12選



どうも旅好き男のリョウスケです!

世界には僕たち日本人の知らない変わったお祭りがたくさんありますよね。

そこで今回は死ぬまでに一度は行ってみたい世界の面白いお祭りを取り上げてみました。

これを見て興味を持ったお祭りに是非参加してみてください!

チーズ転がし祭り(イギリス)

maturi1

photo by euro.typepad.jp

丸いチーズを急な坂から転がし参加者はそれを追いかけていく無謀とも言えるお祭りです。坂の傾斜は約26度〜45度とかなりの急斜なので歩いて降りることはほぼ不可能とされています。

毎年参加者の中けが人が続出しているがそれでも200年以上もの間続いているイギリスの伝統のお祭りです。

トマト祭り(スペイン)

maturi11

photo by ameblo.jp

8月の最終水曜日に開催されるトマト祭り。ひたすら熟したトマトをお互いにぶつけ合うというかなりクレイジーなお祭り。

祭りが終わった後にはトマトで町中が真っ赤になっています。祭りの起源は定かではないのですが、野菜売りのスタンドの前でのけんかでトマトを投げ合ったこととされているそうです。

ソンクラーン(タイ)

maturi2

photo by deemaak.info

ソンクラーンとはタイにおける旧正月のことで、旧暦の新年を指します。この時期になると町中で行き交う人が水をかけあいます。

町に出ると問答無用で水をかけられるので、この時期に訪れる人は濡れてもいい格好をしておくことをおすすめします。ちなみに僕はそれを知らずにカメラに思いっきり水をかけられました。

ただ、お坊さんや警察官には水をかけてはいけないなどのルールもあるのであらかじめそういったルールは調べておくようにしましょう。

ホーリー祭(インド)

maturi3

photo by study-abroad.misao

インドの春の訪れを祝うヒンドゥー教のホーリー祭。この日は町中の誰彼かまわず顔や体に色粉を塗りつけあったり、水を掛け合ったりします。とにかく町中の人がカラフルになります。

『ハッピーホーリー』と粉を掛け合えば町中の人と友達になれちゃいますよ。

リオのカーニバル(ブラジル)

maturi4

photo by askinternational.jp

もともとは『謝肉祭』の意味を持つ宗教的な儀式。世界最大規模のパーティで世界中からこの時期人が訪れると言われています。

1チーム3000人以上のチームが様々なパフォーマンスをして盛り上げてくれるので会場は熱狂の渦に巻き込まれます。

台湾ランタンフェスティバル(台湾)

maturi5

photo by mery.jp

その年の願い事を書き込み空へとランタンを打ち上げるというお祭り。

大量のランタンが夜空へと舞い上がっていく姿は幻想的で魅了されること間違いなしです。ランタンフェスティバルとしては世界最大と言われています。

携帯電話投げ祭り(フィンランド)

maturi6

photo by news.searchina

ルールはいたってシンプル。いらなくなった携帯電話をどれだけと遠くまで投げることができるかを競うもの。

優勝者、チームには新しい携帯電話が贈られるそうです。ちなみに今までの最高記録は101.46メートル。

ロケット花火祭り(ギリシャ)

maturi7

photo by ord.yahoo

復活祭りを祝う行事として何万発ものロケット花火を飛ばし合うかなり危険なお祭り。その光景はまさに戦争のようだと参加者は語っています。
このお祭りの起源には諸説あり、1つにはその昔この地を征服したトルコ人が大砲を没収したことに対してギリシャ人が大砲の代わりにロケット花火で立ち向かったというも言われています。

奥様運び選手権大会(フィンランド)

maturi8

photo by ja.motteko.com

奥さんを担いだ旦那さんが障害物レースで競うというかなりユニークなフィンランドのお祭り。

女性の担ぎ方は地面につかなければおんぶでもだっこでもなんでもいいそうです。是非夫婦で参加してみてはどうでしょう。

グラストンベリーフェスティバル(イングランド)

maturi9

photo by musicman-ne

1970年からイングランドのピルトンで行われている世界最大規模の野外ロックフェスティバル。

700を超えるライブが行われ20万人近くの人たちが集まります。世界中のロックファンがチケットを狙っているので入手はかなり困難なようです。

フライングインディアン

maturi10

photo by release

5人が高さ35メートルから90メートルのポールに登り一人は頂上で太鼓をたたき、後の4人が腰にロープをつけて逆さまになりながら降りてくる。

見ている人も手に汗にぎる光景。このお祭りは成年への通過儀礼として行われており、降り立つと大人として認められるようです。

バーニングマン(アメリカ)

maturi12

photo by punta

アメリカの北西部の砂漠にて行われるクレイジーなお祭り。水、食料、衣料、住居など用意するものは全て自分の責任で準備しなくてはなりません。

『No spectators 傍観者になるな』を合い言葉に世界中からエンターテイナーが集まり思い思いの自己表現を行うクレイジーなお祭り。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日本では考えられないような面白いお祭りが世界にはたくさんありますね。

人生は一度きりです。面白そうと思ったらそれをどんどん行動に移していきましょう。

今回ご紹介したお祭り以外にもこんなのがあるという方はぜひ教えてください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です