自然、食、人が最高なシドニーを3泊4日で満喫する方法とは?



どうも!旅好き男のリョウスケです。

今回はオーストラリアの都市シドニーを3泊四日で楽しむ方法を取り上げてみました。

街の景色や空気、壮大な自然、豊かな大地と海からの恵みである食の宝庫、陽気な人柄、どれをとってもシドニーは最高と呼べる素晴らしい街です。

是非お休みを利用して訪れてみてください。

シドニーは世界有数の美港


最も観光客などで賑わうのはサーキュラーキーと呼ばれる湾岸エリアで、かの有名なオペラハウスや、ハーバーブリッジ、時には巨大な豪華客船が停泊していることもあり、それはダイナミックな景色です。

ここからフェリーが様々な方面に出ており、市民の足となっているようです。

そしてこのフェリー、観光としてもかなりおすすめです。

フェリーに乗ることで、オペラハウスやハーバーブリッジを海上という絶好のロケーションから望むことができます。

地上からは見られない角度から景色を楽しむことができます。

また、フェリーで近場の停泊所に降り立ってみて、住宅街を散策してみても良いでしょう。

おしゃれで可愛いカフェなどを発見できるかもしれません。


シドニーのシンボルといえばやっぱりオペラハウス

シドニーのシンボルとも言えるオペラハウスですが、せっかくなので、中でオペラ鑑賞するのもおすすめです。

鑑賞チケットがないと、入れるのは入口からすぐのお土産屋ぐらいまでです。

外観だけでも十分素晴らしいですが、内観の造りも荘厳で見応えがありました。

オペラハウス観光情報

●営業時間 9:00-20:30
●休業日  日曜日、祝日
●ツアー料金
日本語ガイドツアー
大人(16歳以上)はAUD25
子供(5歳-15歳)はAUD18
学生はAUD20
家族(大人2名、子供2名)はAUD68
※子供(3人目からの追加料金)はAUD10
・バックステージツアー(英語のみ)はAUD165

絶対に訪れておきたい世界遺産ブルーマウンテンズ

そして、シドニー郊外にはなりますが、日帰りで行けるブルーマウンテンズは必ず訪れておきたいスポットです。

ブルーマウンテンズは、壮大なユーカリの森で、ユーカリの葉から蒸発したオイル成分の影響で、森全体の景色が青みがかって見えるため、このような名前がついているそうです。

ガイドの方曰く、年間200日は曇りで良い景色が望めないとのことでしたが、私たちが訪れた日は、ガイドさんも120点と太鼓判を押すぐらい素晴らしい景色が見られた日で、どこまでも続く青みがかった美しい森の絶景に、地球の壮大さを実感できました。

シドニーは食の宝庫

絶景の他にも、旅行の楽しみのひとつである食事ですが、シドニーは食の宝庫でもあります。

オージービーフのステーキ、オイスターなどのシーフード料理はどれを食べても絶品でした。

店員も「Hey!Guys!」ととても明るく気さくで、こちらも楽しい気分になれました。

また、シドニー市内はカフェのコーヒーも絶品です。

世界でもあまり例を見ない、スターバックスが流行らなかった街とも言われるぐらい、地元のカフェが市民に愛されており、昼も夜も、ビジネスマンや市民で賑わっていました。

特におすすめなのが、オーストラリアでポピュラーなメニューである「フラットホワイト」です。

カフェラテによく似ていますが、カフェラテよりミルク感がやや弱く、コーヒーの味わいをより楽しめると思います。

旅のお土産も忘れずに

最後に忘れてはならない、お土産も豊富でした。

特におすすめなのは、街中のスーパーで、チアシードやキヌア、ココナッツオイルなどのスーパーフードが日本よりや安価な値段で手に入る点です。

女性には嬉しいお土産だと思います。

この旅では4日ほどの滞在でしたが、まだまだ楽しみ足りず、できることならもう一度訪問したいです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です