カルチャーショックを受けること間違いなし!ちょっと驚くセネガル人の常識とは?




どうも旅好き男のリョウスケです!

さて今回は海外で日本とは違ったカルチャーショックを受けてみたい!!なんて思っている方に向けて行けばカルチャーショックを受けること間違いなしの国、セネガルを取り上げてみました。

あまり聞いたことがない方も多いと思いますがセネガルを旅して固まった固定概念を崩しましょう!

セネガルってどんな国?


photo by http://okumurashota.com/2017/02/20/

セネガルはアフリカ西部西側にあるモーリアタニアやマリに隣接する国です。

首都はダカールで、ダカールラリーのゴール地点としてよく知られています。ダカールは西アフリカ一番の大都市といわれます。

セネガルの国民のほとんど、95%くらいがイスラム教徒で、残りはキリスト教徒です。言語は公用語のフランス語のほか、現地のウォルフ語が話されています。

フランス語の勉強をしている人は、人が冷たく、なんとなく話にくいフランスよりも、人懐こい人が多い場所で緊張せずに勉強したいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方にとってセネガルは、アフリカの中では比較的治安がいいと言われており、カフェやレストランがたくさんあり発展しているため、来てよかったと思える場所になりそうです。

ちょっと引いてしまうセネガル人の常識

photo by https://camp-fire.jp/projects/view/1321

アフリカに行くというだけで、カルチャーショックを受けることが多いのですが、その中でも日本人の常識から考えると、ちょっと引いてしまうセネガル人の振る舞いについて上げてみます。

まず一つ目。セネガルでは、人のものを勝手に使うという習性があるそうです。

逆に人のものを勝手に使っても、別に彼らは気にしません。お互いに持っているものを自由に使えばいいじゃないかという感覚を持っているんですね。

二つ目は、外国人と見るとよくお金をちょうだいと言ってくることです。

挨拶のように、いつもお金をちょうだいと言ってくるので、うんざりしますが、これは本気で言っているわけではなくもらえたら儲けものといった、軽い気持ちで言っていることがほとんどだそうです。

三つ目は、物売りの客引きがしつこいことです。

そのほか、彼らは豊かになるのが夢なので、外国人と見れば豊かな国への移住を狙って、しつこく結婚をせまるといったこともあるようです。今の生活から抜け出してより楽な生活をしたいという願望を強く持っているようですね。

いろんな人の生き方を知る

ダカールに行けば、現地で生活する日本人と出会うこともあるでしょう。

豊かな日本での生活を捨ててここに来るにはいろいろな思いがあったに違いありません。

叶えたい夢というのがあり、その夢の実現のため来たのでしょうか。

そのようなリスクを取ってでも行動する勇気のある日本人から刺激を受けて、帰国してからの生き方が変わる可能性があります。

セネガルに来ればそういった新しい価値観を発見できるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日常生活では絶対に体験できない体験ができるセネガルは、日本にいたのでは絶対に体験できないようなことが体験ができる国です。

豊かな日本の生活と比べ、貧困の国で学べることは多いでしょう。是非一度訪れてみてください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です